旅行は格安い費用で楽しめる~ハッピートラベル~

人気のスポット

国際線出発の案内

日本以上に多くの島から成り立つフィリピンは熱帯地域にあることから、スキューバダイビングがとても盛んな地域です。日本から比較的近いこともあって、日本人ダイバーも多く訪問しますが、欧米のダイバーからも人気のダイビングポイントです。フィリピンの中でもセブ島とその近辺の島々は最もダイビングが盛んで、日本から多くのダイビングツアーが開催されています。日本からのダイビングツアーで最も多いのは、セブ島の隣にあるマクタン島のリゾートホテルに宿泊して、マクタン島近辺に潜るダイビングツアーです。ツアー料金はとてもリーズナブルで、食事も含んでいることから日本からの海外ダイビングツアーの中でも最も総費用が抑えられるツアーのひとつになっています。

セブ島は南北に細長い島で、特に中部から南部にかけて人気のポイントが広がっています。セブ島の東側にあるボホール島とセブ島の間の海域は、ダイビングポイントも多く、古くからダイビングが楽しまれてきました。また、セブ島の西側はヨーロッパのダイバーが多く集まるエリアがあり、日本人経営のダイビングショップができたこともあって、日本人も多く潜るようになってきました。セブ島南部は観光地化が進んでいませんが、セブ島でも随一のダイビングポイントがあると言われています。そのエリアにはここ数年で、世界最大の魚類のジンベイザメが1匹でなく、群れで集まるポイントが発見されました。そのポイントへは、セブ島の中心からでも車で日帰りで潜りにいくことはできます。また、南部のリゾートホテルを利用すれば移動時間が少なく、快適なジンベイザメとのダイビングを楽しむこともできます。